インスタでブロックされてる人を探す方法3選|無料アプリは危険?

インスタには、特定のユーザーとの関わりを拒絶するブロック機能が実装されています。みなさんのなかにも、スパム行為を働く迷惑なアカウントをブロックした経験のある方たちもいると思います。一方、自分がブロックされている相手の存在について気になる人たちもいるのではないでしょうか。

とはいえ、実際のところ、インスタではブロックされた相手を特定できるのでしょうか?

この記事では、インスタでブロックされている人を探す方法3選を紹介しています。また、ブロックした側を発見すると謳う無料アプリの危険性についても考察しているので、インスタを利用している人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • ブロックされている人を探す方法がわかる。
  • ブロックを確認する無料アプリを使わないほうがよい理由が明らかになる。
  • 相手からブロックされたときの対処法を考えるきっかけになる。
目次

インスタでブロックされてる人を探す方法3選

さて、インスタでブロックされている人を探すには、どうすればよいのでしょうか?

その方法は大きく3つあると考えられます。

ここでは、それぞれのやり方について画像付きで簡単に説明していきます。

方法1 過去のDMから探す

第1に、過去のDMからブロックされた相手を探す方法があります。

具体的な手順は以下のとおりです。

過去のDMからブロックされている人を探す方法

ブロックされている可能性のあるアカウントとやり取りしていたDMにアクセスして、「プロフィールを見る」を選択してください。その後、投稿数が表示されているのにもかかわらず、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示される場合、相手からブロックされていると判断してよいでしょう。

過去のDMからブロックされてる人を探す方法
過去のDMからブロックされてる人を探す方法

なお、ブロックされた相手のプロフィールに表示されている「フォローする」のボタンは押してもすぐに解除される仕様になっています。

方法2 サブ垢で検索する

第2に、サブ垢でアカウントを検索することでブロックされている相手を探すことが可能です。

具体的には、次に挙げる操作手順に従ってください。

サブ垢でブロックされている人を探す方法

まずは本垢でアカウントを検索しましょう。ブロックされている場合は、検索結果に相手は表示されません。そのことを裏付けるために、サブ垢に切り替えてから同じアカウントを検索してみてください。その際に、相手が検索結果に表示されているならば、ブロックされている事実が確定します。

サブ垢でブロックされている人を探す方法
サブ垢でブロックされている人を探す方法

ただし、サブ垢の検索でブロックされている相手を特定できない場合があります。なぜなら、インスタでは特定のユーザーをブロックする際に、その人が今後、作成するアカウントをまとめて拒否できる機能が実装されているからです。

まとめてブロックする機能
まとめてブロックする機能

これに関しては、ブロックされているアカウントと同じ情報でサブ垢が登録されている限り、避けられないと言ってよいでしょう。

方法3 ブラウザ版で検索する

第3に、ブラウザ版のインスタでアカウントを検索する方法があります。

各ユーザーのプロフィールにブウラザ上でアクセスするためのURLは、「https://www.instagram.com/ユーザー名/」と決められています。そのため、ユーザー名さえ分かっていれば、ブラウザ版のインスタで直接プロフィール画面にアクセスできるわけです。

具体的には以下の方法でブロックされている事実を確かめてみてください。

ブラウザ版でブロックされている相手を探す方法

ブラウザのアドレスバーをタップして、「https://www.instagram.com/ユーザー名/」を入力してみましょう。スマホでも、PCでも、相手からブロックされている場合は「このページはご利用いただけません」と表示されます。

ブウラザ版でブロックされている相手を探す方法
ブウラザ版でブロックされている相手を探す方法

 

ブロックされてる人を探す無料アプリは危険なのか?

なお、ブロックされている人を追跡できるという無料アプリが存在しますが、安全なのでしょうか?

結論から言えば、ブロックした側を特定する無料アプリは使わないほうがよいでしょう。「無料」と聞くと、使わないと損した気持ちになるかもしれませんが、開発者には何かしらの目的があるに違いありません。

具体的には、アカウント情報を共有するわけですから、乗っ取りや勝手にフォローするといったようなトラブルが発生するおそれがあります。「タダより高いものはない」といいますが、美味しい話には裏があることを忘れないように注意しましょう。

ブロックされていることがわかったときの対処法

一方で、友人や恋人などの大切な人にブロックされたことがわかると、ショックを受けますよね。

実際のところ、ブロックされている事実が明らかになった場合は、どのように対処すればよいのでしょうか?

これに関しては、大きく3つの対処法があると考えられます。

ここでは、それぞれの対応策について説明していきます。

その1 他の連絡手段で丁寧に謝罪する

はじめに、インスタ以外の連絡手段で丁寧に謝罪してみましょう

具体的には、言い訳などの弁明はせずに、自分に非があったことを認めて素直に謝りましょう。

もちろん、なかには、真摯な謝罪であったとしても、受入れらないほど怒っている人たちもいます。

けれども、心の底から反省していることを伝えたうえで、拒絶されるのであれば「仕方がない」と納得できるのではないでしょうか。あくまでも、自分なりのベストを尽くすことをおすすめします。

その2 自分の投稿を振り返る

続いて、自分の投稿内容を振り返ってみましょう

とりわけ、人種や性別などに関わる差別的な表現をアップロードしている場合、該当するフォロワーを無意識に傷つけている可能性があります。

例えば、黒人のフォロワーがいるのにもかかわず、黒人に対する偏見を表現した写真をアップロードすると、それを見た相手は悲しい気持ちになるのはいうまでもありません。

以上のことを踏まえたうえで、自分の投稿している内容に他人を傷つける攻撃的なものが含まれていないかを確認してみましょう。

その3 縁がなかったと割り切る

最後に、ブロックされた相手とは縁がなかったと割り切りましょう

残念ながら、相手が自分のことを拒絶している場合、再び受け入れてくれる可能性は極めて低いと考えたほうがよいでしょう。

冷静に考えると、SNSが連絡手段として定着している今日において、相手のアカウントをブロックするのは事実上の絶縁を容認する行為と言っても過言ではありません。

一時的な感情でブロックしてしまう人たちもいますが、ときには諦めも肝心なので執着しすぎるのはやめたほうがよいでしょう。

ブロックされても気にしすぎないほうがよい

この世には自分の思い通りにいかないことがたくさんあります。人間関係上のトラブルも同様です。自分がどんなに気をつけていても、うまくいかない相手も存在します。

だからこそ、ブロックされても過度に気にしすぎるのは厳禁です。自分に原因があったとしても、それが必ずしも悪いことであるとは言えません。すなわち、相手との相性がよくないこともあり得るわけです。

自分のことを責めすぎたり、相手との関係を執拗に修復しようとしたりすると、精神的に追い詰められてしまう場合もあるので注意してください。

インスタでブロックされてる人を探す方法3選|無料アプリは危険?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次