インスタの一言返信をおしゃれにするやり方4選を紹介

みなさんはインスタで流行っている一言というものをご存じでしょうか。もしかしたら、友達やインフルエンサーが、ストーリーズでやっているのを見たことがある人もいるかもしれません。なかでも、おしゃれな一言が投稿されていると、思わず読んでしまいますよね。

とはいえ、おしゃれな一言を投稿するにはどうすればよいのでしょうか?

この記事では、インスタの一言をおしゃれにするやり方4を紹介しています。また、一言を投稿するときの注意点についてもまとめているので、インスタを利用している人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • インスタで流行っている一言について理解が深まる。
  • おしゃれな一言を投稿できるようになる。
  • 一言を投稿するうえで注意すべき点がわかる。
目次

インスタの一言とは?

インスタの一言とは、ストーリーズのアンケート機能を使った投稿に回答したユーザーに対する返信のことを意味しています。フォロワーと気軽にコミュニケーションが取れることに加えて、ちょっとした時間で気軽にできることもあって人気を集めています。

インスタの一言をおしゃれにするやり方4選

さて、インスタで流行っている一言をおしゃれに表現するには、どうすればよいのでしょうか?

これに関しては、大きく4つのやり方があると言ってよいでしょう。ここでは、それぞれのポイントについて具体例を交えながら、簡単に説明していきます。

やり方1 特殊フォントを活用する

第1に、特殊フォントを使って一言を記述する方法があります。特色のあるフォントでメッセージを書くと、見ている人の目にも止まりやすくなります。ネットで「特殊フォント」と検索すると、コピペ可能なサイトがたくさん見つかりますので活用してみましょう。

また、コピペは面倒という場合は、ストーリーズの画面上でも既定以外のフォントを出す裏技があります。左から6つ目のフォントを選択して、「papyrus」と入力してみてください。すると、自動的にフォントが変わります。一度変更するとフォントは維持されるので、「papyrus」を消してから書きたい文字を打ち込みましょう。

特殊フォントを活用する裏技
特殊フォントを活用する裏技

  

なお、特殊フォントの多くが対応しているのはアルファベットのみです。そのため、後ほど紹介する英語フレーズでの返信もできると、おしゃれ度がさらにアップします。インスタで特殊文字を活用する方法について、くわしく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

やり方2 スタンプを使う

第2に、ストーリーズのGIFスタンプを活用するやり方もおしゃれです。文字だけでの返信でもいいですが、スタンプで少し装飾するだけで、おしゃれ度が格段に上がります。

具体的には、それぞれのメッセージに下線を引いたり、スタンプを貼ったりしてみましょう。ストーリーズのスタンプボタンから「line」「nmemoji」などと検索すると、シンプルでおしゃれなスタンプがたくさん出てきます。

スタンプを使うやり方
スタンプを使うやり方

ただし、スタンプを入れすぎて読みづらくならないよう、バランスに注意しながらアレンジしてみてください。

やり方3 英語を導入する

第3に、英語を使って一言を書くのもおしゃれなやり方として有効であると考えられます。日本語で返信されると思って投票した人も、英語でメッセージをもらえると喜んでくれるかもしれません。

また、海外ユーザーからのフォローを増やしたい人にも、おすすめの方法です。ほんの一例ですが、いくつかフレーズをご紹介しておきます。やり方2の特殊フォントと組み合わせてみてください。

(例)

  • 久しぶりだね! → It’s been a while!
  • また遊びにいこう! → Let’s hang out again!
  • 試験頑張ってね! → Good luck with your exam 😉

インスタ向けの英語表現を紹介しているサイトはたくさんあるので、ぜひ検索してみてください。英語の学習にもなって一石二鳥です。

やり方4 DMを活用する

第4に、一言をDMで返信するのもセンスが良いやり方であると言ってよいでしょう。通常、一言は、投票した人の一覧画面をスクリーンショットして、そこにメッセージを書いて再投稿するのが一般的です。この方法だと一気に返信できるので手軽ですが、それぞれのメッセージは他の人にも見えてしまいます。

そこでDMを活用し、直接一人一人に返信してみてはいかがでしょうか。もちろんストーリーズ同様、GIFスタンプや動画も送れます。相手の好みに合わせた装飾をしてみると、より喜んでもらえるでしょう。より深いコミュニケーションを取ることができるのでおすすめです。

一言を投稿するときの注意点

なお、一言も使い方を間違えると、フォロワーに対してネガティブな印象を与えてしまうおそれがあります。具体的には、次に挙げる3つの注意点に気をつけてください。

注意点1 高頻度で投稿しない

はじめに、一言が気軽にできるからといって、頻繁に投稿するのは避けましょう。人によっては鬱陶しく感じ、ミュートやフォロー解除につながる可能性もあります。

また、そこまでには至らなくても「この人、暇なのかな?」とネガティブな印象を持たれるかもしれません。コミュニケーションを深めたくてやったことが、逆効果にならないよう注意しましょう。

注意点2 意図せずにタップさせる誘導は避ける

続いて、アンケートボタンの配置についてです。通常、ストーリーズを閲覧するとき、画面右側をタップして次のストーリーズに移動しますよね。そこにアンケートボタンを配置してしまうと、誤ってタップしてしまう人もいます。

なるべく多くの人たちに投票してもらいたい気持ちはわかりますが、ボタンの配置で無理やり誘導するよりも、投稿そのものをおしゃれに装飾するなど他の部分で工夫しましょう。

注意点3 攻撃的な選択を迫るのはやめる

最後に、アンケートの選択肢についてです。一言は投票した人全員に返信するのが一般的なので、選択肢の内容そのものはそこまで重要ではありません。ですが、攻撃的なことばや絵文字を使用するのは控えるべきです。

一言に参加してくれる人が減ったり、あなた自身にネガティブな印象を持たれたりする可能性もあります。フォロワーの立場になって考え、不愉快にさせない気遣いをしましょう。

一言を活用してコミュニケーションを深めよう

おしゃれな一言を投稿することで、飛ばされがちなストーリーズに目を止めてくれるユーザーもいるはずです。とりわけ、個人が主役となるインスタでは無数の情報が発信されています。だからこそ、ちょっとした工夫がフォロワーとのコミュニケーションを深めるのには重要なのではないでしょうか。

もし、インフルエンサーとして活動することを目指しているのであれば、ユーザーとの信頼関係を着実に積み重ねることを意識してみましょう。数字だけの関係では本当に面白いことはできないと思います。思いやりを持ちながら、インスタを楽しく活用してみてください。

インスタの一言返信をおしゃれにするやり方4選を紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次