リムられるとは?気になる意味と理由を解説|悲しいときの対処法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Twitter(ツイッター)やインスタを開いたときに、仲良くしていた人たちのフォローが外れているときってありますよね……。とはいえ、なぜ、相手からリムられてしまったのか。その理由が分からずに悲しい気持ちになってしまう人たちも多いのではないでしょうか。

この記事では、「リムられるとは何か?」という意味を解説したうえで、相手からフォローを解除される理由と切ないときの対処法について紹介しています。Twitterやインスタを利用している人たちの参考になれば幸いです。

この記事を読んで得られること

  • リムられるの意味がわかる。
  • Twitterやインスタでリムられる理由を学べる。
  • リムられて悲しいときの対処法について考えるきっかけになる。
目次

リムられるとは?

はじめに、リムられるの意味について確認してみましょう。リムられるとは、TwitterやインスタなどのSNSで相手からフォローを解除されることを意味しています。

通常、SNSでは、お互いをフォローし合うことでユーザー同士の交流が生まれていきます。それと同時に、相手をリムることで、それぞれの人間関係が整理されることもあるのです。

なお、Twitterでユーザーをリムる方法について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

Twitterやインスタでリムられる7つの理由

しかしながら、なぜ、Twitterやインスタで相手からリムられてしまうのでしょうか?

ここでは、大きく7つの理由からリムられてしまう原因を考察していきます。

Twitterやインスタでリムられる7つの理由

  • 理由1 相手を傷つけるような嫌味を投稿している。
  • 理由2 マナーが欠如している。
  • 理由3 人を見下すような発言をしている。
  • 理由4 自分を特別な存在に見せようとしている。
  • 理由5 幼稚な投稿で呆れられる。
  • 理由6 趣味や嗜好が合わない。
  • 理由7 偏った思想や意見を押し付けてくる。

理由1 相手を傷つけるような嫌味を投稿している

第1に、相手を傷つけるような嫌味を投稿している場合、リムられてしまうことがあります。

例えば、ある特定のグループに対する差別的な表現をツイートしてしまった場合、自分に悪気がなかったとしても、その属性に該当するフォロワーは不快感を抱くことが予想されます。その結果、リムられてしまうわけです。

もちろん、何らかの意見を表明する以上、だれかを傷つけてしまうことは避けられないのが現実ではあります。だからこそ、SNSで投稿する際には、自分の言葉や画像が暴力的に捉えられてしまう可能性について考慮すべきなのです。

理由2 マナーが欠如している

第2に、相手に対するマナーが欠如していると、リムられてしまう可能性があります。

TwitterやインスタなどのSNSには独自のマナーがあります。例えば、相手とフォローとフォロワーの関係がない場合、「FF外から失礼します」と一言、挨拶してから投稿にコメントするユーザーもいます。

とはいえ、マナーは国や文化によっても大きく異なります。そのため、自分が誠意を尽くしていたとしても、それがうまく伝わらず関係が悪化していまうのはよくあることです。

また、相手の機嫌を損ねないように気を使いすぎると、SNS疲れの原因にもなりかねません。その意味では、マナーの欠如を心配しすぎないほうがよいと思います。

なお、Twitterやインスタで頻繁に使われている挨拶やマナーについて知りたい方は、こちらの記事を参照してください。

理由3 人を見下すような発言をしている

第3に、人を見下すような発言をしていると、相手からフォローを解除されてしまうおそれがあります。

言うまでもなく、他人から馬鹿にされると、だれだって不快な気持ちになるはずです。

ましてや、自分の背景についてよく知らない人間から見下されると、「なぜ、この人にここまで言われなければいけないの?」と怒りすら覚えるのが人間の性質であると思います。

そのため、ユーザーから嫌われて、リムられてしまうわけです。

とはいえ、人を見下すユーザーは、相手の良いところを見出す能力や建設的な人間関係を構築するコミュニケーション能力が乏しいことが多いので、発言の内容を真面目に受け取る必要はないと思います。むしろ、人としての実力が不足しているからこそ、他人を見下しているのかもしれないと割り切ってしまいましょう。

理由4 自分を特別な存在に見せようとしている

第4に、自分を特別な存在に見せようとばかりしていると、フォロワーからリムられることがあります。

人間であれば、だれだって他人から認められたいと気持ちが少なからずあると思いますが、過剰な自己顕示欲は気づかぬうちに自分勝手な振る舞いを助長してしまうおそれがあるので注意が必要です。投稿から自己中心的な雰囲気が漂っていれば、他人から敬遠されても無理はありません。

また、見栄を張るために嘘を付けば、人から信用されなくなってしまうので、くれぐれも注意しましょう。なお、SNSの承認欲求について知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

理由5 幼稚な投稿で呆れられる

第5に、他人に迷惑をかけるような幼稚な投稿で呆れられてしまうと、それを見ていた人たちからリムられてしまうかもしれません。

近年、バカッターと呼ばれる人たちが社会で問題になっていますが、他人に迷惑をかけて喜んでいる姿を見て、「面白い」となるのは人の気持ちを想像できない投稿者やユーザーだけです。

実際は、たった1件の投稿で人生を棒に振っている人たちがたくさんいます。くわしくは、こちらの記事をご覧ください。

理由6 趣味や嗜好が合わない

第6に、趣味や嗜好が合わないことが理由でリムられてしまうことがあります。

Twitterやインスタのユーザーが他人をフォローする理由はさまざまです。なかには、自分が関心を持っている分野の有益な情報を発信しているアカウントだけをフォローしている人たちもいます。

したがって、フォローしたのはよいけれども、やっぱり投稿に興味を持てないのでリムるのは日常茶飯事であると考えたほうがよいでしょう。

理由7 偏った思想や意見を押し付けてくる

最後に、偏った思想や意見を押し付けてくるようなユーザーはリムられてしまうことがあります。

現代社会は価値観が多様化していることもあって、特定の生き方やライフスタイルを押し付けられることに嫌悪感を抱く人たちがいます。いわゆる、「考え方は人それぞれである」という人生観です。

そのため、「絶対、これが正しい」という意見に対して距離を取られてしまうことがあるわけです。

とはいえ、自分の生き方を他人に合わせて曲げるのもよいことだと言えません。その意味では、信念を表明した上でリムられてしまうのは仕方がないことだと思います。

リムられて悲しいときの対処法

なお、相手からリムられて悲しいときにはどうすればよいのでしょうか?

これに関しては、一概に答えを述べることはできませんが、ひとつの考え方として、人間関係を狭く深く大切するようにしてみるのもよいかもしれません。

お互いを深く理解し合っている友人が一人でもいればよい。それ以上の出会いがあればラッキーと思っていけば、リムられることで一喜一憂することは少なくなるかもしれません。

もちろん、相手を見限るのは視野が狭くなってしまうのでよくありませんが、ないものを数えるよりも、あるものを大切にしたほうが価値的に過ごせるような気がします。

特に、TwitterやインスタなどのSNSで知り合った人間関係は、良きにつけ悪しきにつけ、切れやすい傾向があるので、自分の身近にいる人たちを大切にすることを優先したほうがよいのではないでしょうか。

インスタではバグでリムられることがある

なお、インスタではバグでフォロワーが自動的に解除されてしまうことがあるようです。

一見すると、リムられてしまったと勘違いしてしまうことがあるので厄介ですよね……。

そのため、インスタの不具合について調べて、正しい情報を収集することをおすすめします。

リムられることを気にしすぎない

Twitterやインスタのユーザーがいくら注意したとしても、相手を不快させてしまうことはあります。

これがSNSの難しいところです。特に、「1+1=2」というような答えのないトピックでは、自分とは違う意見を持っている人が必ずいます。だからこそ、万人から好かれるような投稿は現実的に難しいのかもしれません。

そのため、背伸びせずに自分らしい投稿を続けていくことが、SNSを楽しむコツなのではないでしょうか。

リムられるとは?気になる意味と理由を解説|悲しいときの対処法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。専属のライターさんが執筆した記事に関しては、希望がある場合にのみプロフィールを掲載します。

目次
閉じる