Clubhouse

Clubhouseでイベントを作る方法|編集と検索も簡単!

音声型SNSのClubhouse(クラブハウス)を利用し始めた方たちのなかには、自分でイベントを企画したいと考えているユーザーもいると思います。

とはいえ、ガイドラインも含めて英語ばかりで、イベントの作り方がよく分からない人たちもいるのではないでしょうか?

この記事では、Clubhouseでイベントを作成する方法を解説しています。また、イベントの確認や検索のやり方についても紹介しているので、Clubhouseを利用している方たちは参考にしてみてください。

この記事を読んで得られること
  • Clubhouseでイベントを作る方法がわかる。
  • 作成したイベントを確認する仕方がわかる。
  • イベントを検索するやり方がわかる。

Clubhouseでイベントを作る方法

Clubhouseでイベントを作るには、どうすればよいのでしょうか?

その方法は次のとおりです。

【Clubhouseでイベントを作る方法】

  • ステップ1 ルーム一覧の右上にあるカレンダーのアイコンをタップする。
  • ステップ2 右上にあるカレンダーのアイコンをタップする。
  • ステップ3 イベント名称を入力する。
  • ステップ4「Add Co-host or Guest」でメンバーを追加する。
  • ステップ5 日時を設定する。
  • ステップ6 イベントの詳細を記述して「Publish」を押して完了。
Clubhouseでイベントを作る方法
Clubhouseでイベントを作る方法

なお、イベントの詳細は200文字以内で記述する必要があります。絵文字も使えるので、人の目につきやすい文章を作成しましょう!

イベントの内容を編集する方法

自分が作成したイベントの内容を修正する場合は、次のステップで編集作業を行ってください。

Clubhouseのイベント内容を編集する方法】

  • ステップ1 ルーム一覧の右上にあるカレンダーのアイコンを選ぶ。
  • ステップ2 「UP COMING FOR YOU」から「MY EVENTS」にする。
  • ステップ3 編集したいイベントの「Edit」をタップする。
  • ステップ4 イベント内容の修正が完了したら「Save」をタップする。
Clubhouse イベント 編集
イベントの内容を編集する方法

イベント内容を編集したのにもかかわらず、画面に反映されない場合は、アプリケーションを開き直してから確認してみてください。

イベントを削除する方法

ゲストの予定変更などの理由でイベントを削除するには、どうすればよいのでしょうか?

Clubhouseで作成したイベントを削除する方法は次のとおりです。

【Clubhouseのイベントを削除する方法】

  • ステップ1 ルーム一覧に表示されるカレンダーのアイコンを選択する。
  • ステップ2 「UP COMING FOR YOU」から「MY EVENTS」にする。
  • ステップ3 削除するイベントの「Edit」をタップする。
  • ステップ4 編集画面の一番下にある「Delete Event」をタップする。
Clubhouse イベント 削除
Clubhouseのイベントを削除する方法

なお、一度削除したイベントは復元できないので、複数の企画を設定している方は、削除する前に必ずイベント名を確認しましょう。

イベントを検索する方法

また、Clubhouseのユーザーたちが企画しているイベントを検索することはできるのでしょうか?

2021年2月8日現在、Clubhouse内に設置されている検索エンジンでは、イベントを検索できません

ただ、開催予定のイベントを一覧にして見ることは可能です。その方法は、次のとおりです。

【Clubhouseのイベントを検索する方法】

  • ステップ1 ルーム一覧にあるカレンダーのアイコンをタップする。
  • ステップ2 一番上に表示されている三角をタップする。
  • ステップ3 自分の興味・関心に近いイベントを検索したい場合は「UP COMING FOR YOU」のままにしておく。
  • ステップ4 Clubhouseで企画されているすべてのイベントを検索したい場合「All Upcoming」を選択する。

もし、もっと効率よく自分の趣味に合ったイベントを探したいのなら、興味・関心の近いアカウントをフォローすることをおすすめします。

そうすれば、そのユーザーが参加しているイベントをルーム一覧のページで確認できるので、自分が面白いと感じるトークに巡り合えるかもしれません。

情報の真偽を冷静に判断しよう!

Clubhouseが誕生したことで、いつ、どこにいても、ユーザーたちと会話をして情報を得られるようになりました。

もちろん、Clubhouseは始まったばかりの新しいサービスなので、必ずしも継続的なムーブメントになるとは限りません。

また、口頭による情報の伝達には根拠のない場合もあります。その話が噂にすぎないのか、あるいは事実なのか。このあたりを見極めるには、利用者自身が注意深くなるしかないと思います。

とはいえ、会話による情報伝達は文章や動画を作成する手間を省けるので、相手さえ間違えなければ、極めて効率的に学びを深めることができるはずです。

どのような道具であっても、人間の使い方次第で良くも、悪くもなります。Clubhouseが優良なコミュニケーションとして定着し得るのか。それは、私たち一人ひとりにかかっていると言えるでしょう。

ABOUT ME
PENDELION編集部
PENDELION編集部はライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。専属のライターさんが執筆した記事に関しては、希望がある場合にのみプロフィールを掲載します。
Google検索できるよ!
一緒に読まれている記事